スイス人学生の昼食

ケバブです。今ケバブが来てます。

最近は暖かくなってきて、半そでの学生も目立ってきました。
スイスの高校に通う学生は大きく3種類に分かれ

①自宅から昼飯を持ってくる、または自宅に帰って食べる学生
②Menza(食堂)で昼飯を食べる生徒
③Stadt(街)に行って昼飯を買う学生

だから昼休みになると

Gosch Menza?? oder Hei??
(食堂?それとも家に行くの?)

Gen mir in d Stadt!!
(街行こうぜ!!)

などと良い感じな話が飛び交います。
僕はというと、ホストのご善意で大抵は友達と街に行きます。
何故かって言うと、食堂は高いからです。

さて街に着いてからは皆それぞれ色んな所へ行きます。
MIGROというスーパーでサンドイッチを買う人もいれば
ピザを買う人、中華料理(ご飯とあんかけ)を買う人もいます。

僕のお気に入りはもっぱらケバブです。

日本では原宿に一軒あったよね?って程度のマイナーなトルコ料理ですが
こちらには街に一軒は必ずある、超メジャーな料理です。
っというのもここ10年間でトルコ系移民が激増したせいで
10年前までは全然なかったみたいですけど。

羊の肉と野菜をナンみたいなので巻いて、その上にスパイスをかけて終了。
お手軽ながらも味は抜群。お値段も7フラン。日本円で約700円。
ここスイスでは安いほうです。

もう僕は2週間で10回分のスタンプカード制覇する位ケバブ食ってるので
もう3食に1回は必ずケバブ。体の3分の1はケバブ。そんなんです。

そんな素晴らしい料理ケバブですが、スイス人に言わせれば
Mega ungesund(超不健康)らしく
お前ケバブばっか食ってると早死にするぞ。とか言われます笑
美味しいから良いんです。

まぁ何にせよ、暖かい日差しの下で噴水を囲みながら食べる昼ご飯は
スイスでの一番の楽しみと言っても過言では有りません。

八王子にケバブ屋できないかな。
[PR]
by tojyo723 | 2007-04-02 21:43 | スイス


<< 病気 最近思ったこと >>