ハイジとサーカス


そういえば前回の食事会で、Heidiっていう名前のおばちゃんに会いました。
ハイジっていう名前にも感動だが、彼女の過去はもっと凄い。

自転車で世界一周体験者。

バスでマカオからロンドンまで行くだけで本が書けるこのご時世に(深夜特急で検索)
バイクだと高いから。って理由でチャリで4年間爆走したおばちゃんを尊敬。
5ヶ国語を自在に操ることに尊敬。
日本人は優しかったといってくれた事に感謝し
ネパールで旦那と子供作っちゃった勇気に尊敬。

僕にはそんな時間もなければ勇気もないし、多分体力もない。
ただそういうのに人生賭けるっていうのは素晴らしい事ですね。

f0099532_185961.jpg


話は変わって、昨日はKNIEという名前のサーカスに行って参りました。
クニーって読みます。クニーさんっていうかたが団長らしいです。
スイスでは屈指の有名サーカス団で、普段はRapperswillに滞在してますが
イースター中はここWinterthur,5月はZurich。その後はスイス中を回ります。

なんかシマウマが走ったと思ったら、象が5匹も出てきたり
空中ブランコというのを生まれて初めて見ましたが
あれはやっぱり凄いですね。見てるこっちが怖いわ。

スイス、ドイツのサーカスはやはり車移動式が多いらしく
家族でサーカスなさってる方も多く、大抵のサーカスには先生がいて
普通の学校のように普通に授業するらしいです。
また、やっぱりポーランド、ロシア人も多いみたいです。っぽいですよね。

やっぱり、サーカスって日本人に似合わないと思うんですよ。
外国人が侍姿でどんなに決めてもしっくりこないように
サーカスはやはり欧米スタイルなんだと思うんですよ。

ただし、同じサーカスでも、中国雑技団はなんかしっくりくるじゃないですか。
何故かっていうと、あれは欧米の真似じゃなくて、独自の路線を通してるからです。
日本のサーカスも欧米の真似ではなく
もっと(日本らしいサーカス)っていう新しい路線を切り開いて欲しいものです。


今日はこれからケーキを焼こうと思います。
日本人が何かにつけて寿司を食うように
スイス人は祝い事がある度にケーキを焼きます。そして何故かみんな焼けます。

というのも明日はパリ旅行の写真鑑賞会なんですね。
こういうアットホームなイベントは日本の高校もどんどん取り入れるべきだと思います。
[PR]
by tojyo723 | 2007-04-11 01:08 | スイス


<< スイス教育の現実 今日の夕飯、肉。 >>