読書

帰国日が近づいているというのに、
今更ながら活字渇望症が発病しまして
昨日借りてきた本を読みふけるに飽き足らず
青空文庫で芥川を刷って来ました。
こうなったら読み疲れるまで読み続けるしかありません。

たまたま今日は連日の疲れもあってか
飲みにいく元気もなく、明日は買い物にいかなきゃならないので
家でボーっとしてる訳です。

僕は比較的読書が好きなほうで
日本に居るときから結構本を読んでいましたが
もっぱら往復3時間にも及ぶ通勤電車が読書の場だったので
こうしてゆっくり本を読むのは、本当に久しぶりです。

人間の記憶とは悲しいもので
高1の半ばに、現代文の先生に教えてもらった
芥川の人生と彼の作品の関連性について。かなり細かく教わりましたが
今となってはさっぱり思い出せません。

スイスに来て以来、日に日に日本を忘れていくように
日本に帰ってしまったら、ここの思い出はどんどん消えてしまうのでしょうね。
その代わりに新しいことをまた学んで、忘れる事をあと50年繰り返し
全て忘れてこの世を去るのでしょう。

あー、マシーンのような記憶力が欲しい。
[PR]
by tojyo723 | 2007-04-14 06:52 | 私信


<< スイスの寿司事情 スイス教育の現実 >>