スイスで高地ドイツ語を習うという事

最近、クラスメートが方言で話しかけてくる人が多くなり
嬉しくもありますが、ぶっちゃけ分からんっていうのが現実。
そのせいか最近すごく眠いです。
もう1年あったら多分みんな僕に方言で話しかけるようになって
もう2年あればみんなと方言でお喋り出来たかも・・・とか思うこの頃。

ドイツ語が分かる人じゃないと全然面白くない話ですが
スイスは本当ドイツ語勉強には向いてない国だと思います(笑)
特に将来ドイツ語を生かして生きたいという人にとっては。

まず前提として
①スイスでドイツ語を習い始める
②スイスドイツ語ではなく、高地ドイツ語を勉強する
上記の留学生としましょう。

まず基本的に、当たり前ですがスイス人同士ではスイスドイツ語を話します。
スイス人が高地ドイツ語を話す時は
授業中の発言と、留学生と話す時だけなのです。
よって(耳から学ぶ)という留学の一番の長所が消されてしまいます。

さらにスイス人の話す高地ドイツ語は、時々間違っているのです。
いや、厳密には間違っていないのですが、スイス的なドイツ語。
僕はSchweizerhochdeutsch(スイス高地ドイツ語)と呼んでいます。

例を挙げましょう。

(どこ行くの?)
高地ドイツ語
Wohin gehst du??

スイス高地ドイツ語
Wo gehst du hin??

微妙に違います。
そのほかにもスイス人は過去形、未来形を使わないなどの
正しい高地ドイツ語とは、数多くの相違点があります。

ただし、僕が言いたいのは、だからスイスはダメだ。という事では有りません。
これらのスイス高地ドイツ語は、ドイツ人にも一応は通じます。
ただし、問題は受験をはじめ、将来的に正確なドイツ語が必要とされた時に
これらのドイツ語は意味を持たないという事にあります。

社会科のレポートで関西弁を使っちゃいけないのと同じです。

僕は東京出身で、方言というものには縁がなかったですが
改めて方言の不便さ、問題点、そして素晴らしさに気づきました。

だからこそ、ちゃんとした高地ドイツ語でも、スイスドイツ語でもなく
スイス高地ドイツ語で、ここまでやってきてしまった事を
後悔して止みません。
[PR]
by tojyo723 | 2007-04-19 02:03 | スイス


<< カザブスタンからの刺客 スイスの寿司事情 >>