国連本部で自己反省

Tessinから帰るなり、早々ジュネーブに行ってきました。
本音をいうと、フランス語圏っていうかむしろフランスだろって位遠い街に
5900円も払って一人で観光するなんて馬鹿だと思いますが
それでも僕は行かなければなりませんでした。
そう、国際連合の本部を見るために。


ホスト父に狂ってると言われながらも朝五時の電車に飛び込み
電車に揺られること4時間。途中CDプレイヤーの電源が切れたり
フランス人頑張って話したりと、色々ありましたが。無事到着。


ジュネーブは水の街として有名で
ジャン・ジャック・ルソーが生涯を終えた地。
そしてとてつもなく大きな噴水があることでも知られるけれど
全然興味が無かったのでスルー。

国連本部に直行し、待つこと約1時間。やっとツアーの始まりです。

すごかった。本当に国連だった。
中は美術館かってほどの芸術作品が沢山おかれており、
何やら会議が行われているのを上から眺めてみたり、
ガイドさんに質問出来たり
800円払ったかいがありました。

で、やっぱりせっかく来たんだからと思って
つたない英語でガイドさんに質問を、これでもかって位したんですが

要約すると
①まず英語を勉強しなさい
②できればフランス語も勉強しなさい
③ドイツ語は英語が出来たら凄い強い
④弁護士として働くなら、職場は山ほどある。

・・・・・・まず英語からやり直したいと思います。
っていうかガイドさんがまずやばかった。
スペイン人でフランス語と英語は完璧でした。
ガイド同士もフランス語と英語のごっちゃで話してました。

そんな凄いガイドさんにGoodLackって言われてお別れしましたが
運とかそういう問題を飛び越えて実力不足でした。頑張ろう。


そのあとは噴水を見ながら独りで凹んで
ビールという街で湖を見ながら昼寝をして
留学生友達のいるJura山脈へ。
田舎風景がすごい良かったです。フランス語圏で正直怖かったですが。

言葉って通じなくても、ある程度まではなんとかなると思います。
美味しいものを食べたら、美味しそうな顔をして
嬉しい時は、嬉しい顔をする。
顔と手があれば、人間コミュニケーションはとれるのです。

ただ、それだけでは人間生きていけないので
語学を学ぶって非常に大切な事なのは確かですけどね笑
[PR]
by tojyo723 | 2007-04-29 03:31 | スイス


<< 討論をする民族 スイスの中のイタリア >>