キール人到来とアウェーの洗礼

f0099532_3432668.jpg


美しく燃える森(東京スカパラダイスオーケストラ&奥田民生)
を偶然こっちに持ってきていて、久しぶりに聞いたらびっくり
実は凄い良い歌詞。
小さい頃は振られた腹いせに森に火をつける歌だと思ってたら
実は、大切な人を忘れるために森に火をつける狂気じみた精神を唄った歌なんですね。
ごめん、凄いマイナーな話で。

来週はキールっていうドイツのめっさ北っていうか、もうデンマークじゃない?って地方から
わざわざオーケストラ部を呼んできて、うちの学校のオーケストラと
合同コンサートを開くらしいのですが、それに便乗してオーケストラ部よりも
かなり小規模な7人しかいない僕のビックバンドも演奏するそうで。
7人とか全然ビックじゃないんですが、心がビックならそれで良いんです。

って事で今日は(キール人を迎える会)に出席。
僕の作った自慢のケーキを手に出かけてきました。

キール人のドイツ語はめっっっさ早かった。(感想)
そしてスイスドイツ語での説明を、何これ・・・・って感じで聞いてたキール人に
凄い同情しました。まさにアウェーの洗礼ですよね。
で、最後はみんなでサッカーしました。
ドイツ人VSスイス人でやってましたが、日本人でスイスにレンタル移籍中の僕は
何故だか知りませんがドイツ側のキーパーに。
僕の名前、初めての人には覚えてもらい辛い名前のようで
ヤーシュとかヤーンとか、ひどいのになるとジャルとか呼ばれてました。全日空かよ。

最終的にはヤシュで固定。夜までギッチリ楽しめました。
部屋に帰ると自慢の僕のチョコケーキが全然売れてなかったのに凹みましたが・・・

来週バンド練習のお陰で3日間学校サボれるので
生物のテストサボれるラッキーと思いきや、テストの時だけは抜け出して良いそうです。
世の中本当に上手く出来ていますね。
[PR]
by tojyo723 | 2007-05-13 04:07 | スイス


<< 夕立が導き出した少しの本音。 楽しみな帰国とその裏にある別れ >>