スイスの映画事情

ミスタービーン、スパイダーマン3とマジで見たい映画を見逃し続けてみましたが
昨日ついにパイレーツオブカリビアン3を見てきました。
ぶっちゃけ2観てないですけど。

もうのっけっからなんでバルボッサ生きてんだよ・・・って思ったし(好きだから良いけど)
なんかタコみたいのが出てきて、それはないだろ・・・っていうか
この映画の主人公ってジョニーデップだっけ??
僕はてっきりオーランド・ブルームだと思ってました。てか1ではそうだった。

ただ映像が綺麗でした。すんごい。
てか映画はダメね、映画みてると画面ばっか見ててドイツ語聞き取れない。
つーか速い。そんなに早口じゃなくても良いじゃないか。

あとこの映画、原題はPirates of the Caribbeanとかそんなんですよね。
僕はずっとピラテスって読んでました。そんなんは別に良いんですが
ここスイスでは(ドイツ、オーストリアもそうですが)
英題ではなく、独題っていうのがあって、この映画なら
Fluch der karibik。意味は同じです。
まぁ日本にも邦題があるんだから、仕方ないけど
なんか馴染めません。

Back to the futureはZurueck in die zukunftですよ。
ツリュックインディーツークンフト。言いにくい。そして格好悪い。馴染めないです。

馴染めないといえば、スイス。映画の途中で休憩があります。
それがきりのいい所でも何でもないところで、いきなりブチッって切れて
観客も、今かよ!!とか言ってたりします。
10分位たったらまたちょっと戻ったところから再開。

なんで休憩あるの??って聞いてみると
これはポップコーンを買うための休憩だからポップコーン買わなきゃダメだよ。と言われ
そうかそうか、と思ってポップコーン買って来たら半分くらい食われました。日本人万歳。
でも映画の休憩はやっぱ要らないな。

あと映画の終わりのスタッフロール、最後まで観る人なんかいません。
っていうか途中で明るくなって最後まで観れません。
あれも映画の一部なんだから、最後まで観てやれよ・・・

映画のチケットは1600円。高いです、はっちゃけ。
映画は日本で観るほうがすきだな。
[PR]
by tojyo723 | 2007-05-27 16:41 | スイス


<< スイスのチャリンコ事情 スイスの夏 >>