スイスの卒業イベント

今日はスイスの高校の最終学年の卒業イベントがありました。

歴史の授業中にローマ人の格好をした卒業生が乱入。
f0099532_342133.jpg


問題を出して回答する度に、お金(おもちゃ)をもらえるゲームをします。
ひととおり問題を出し終わったら校庭へ移動。
ここからがお楽しみです。

前方の台の上に先生が立ち並び、奴隷役としてセリに出されます。
f0099532_3475999.jpg

すんごい熱狂して奴隷(先生)を買う群集。

見事買収成功した奴隷(先生)をもとに校内で博打。
f0099532_3511764.jpg

リンゴ早剥き、かけっこ、フラフープなど。
自分達の奴隷(先生)の勝利を見守る人々。
ちなみに倍率は常に2倍でした。
勝ち取ったお金はケーキや飲みものと交換できます。


僕の日本の学校では卒業生なんぞほぼ赤の他人なので
出て行こうがしったこっちゃないのですが、こういうイベントを企画してくれると
見送りがいもあるものです。

ちなみにこの卒業イベントの企画は毎年違い、卒業生自身が企画するようです。
今の日本の高校生はこのような企画、特に先生を奴隷として売買するような
奇抜な発想が出来るとは思えません。

今回企画した学生のような、イベントを考え出す想像力や企画力また本番時の行動力、管理力。
このような力こそ、勉学よりも今の僕らの世代に求められているのではないでしょうか。
ゆとり教育は学力低下を促す、最悪の結果になってしまったようですが
ぜひ、今後の世代にこういう力を養える教育制度を築いて欲しいです。

また、教育者側もこのような無礼講的な行為を
(一度限りの冗談)と許してあげる空気を構成するべきです。

もっとも、僕ら学生自身も(一度限りの冗談)と割り切る理解力をもっと養うべきですが。


私信

楽しい事を沢山したい。
夜の扉を開けに行こう。支配者達はイビキをかいてる。

夜の金網をくぐり抜け、今しか見ることが出来ないものや
ハックルベリーに会いに行く。

(千のバイオリン)

ブルーハーツの歌は、本当日本語の使い方が上手い。
僕の留学生活は本当、発見ばかりで毎日冒険しているみたい。
あと少しだけど、僕も新しい扉を開け続け、今しか見ることが出来ないものを探し続けたい。
[PR]
by tojyo723 | 2007-06-29 04:12 | スイス


<< スイスのお祭り スイスの手を拭くマシーン >>