日本へ


明日帰国。

何を悲しむ必要がある。
僕という一固体が、たった1年外国に移動し
本来あるべき所へ、戻るだけだというのに。
僕はなんだか、すごく悲しい。

もはや日本が「本来あるべき所」なのかも良く分からない。
僕が本来あるべき所は、日本では無く、どこか違う環境のような気がする。

日本という場所に、執着する心はすでに消え去った。
海を隔てたその先にあるのは、異国であるが、異界ではない。
人々は皆、化け物などでは無く、僕たちと同じ人間である。楽しければ笑い、悲しければ泣く。
ただ、鳴き声が違う。それだけの事だ。

幸い、鳴き声を真似る程度の能力は、ヒトであれば誰でも携えている。
もう彼らは「ガイジン」などでは無い。ただのヒトだ。

ほら、日本と「ガイコク」の厚い壁は消え去った。
ベルリンの壁が無い今、どうして東ドイツに留まる必要があろうか。

日本にしがみつくのは、もうやめにしないか。
「ガイコク」なんぞ大した事は無い。
僕の「本来あるべき所」は海の向こうにあるかも知れない。
僕は日本に「移動」するけど、「帰る」つもりは無い。

さて、次はどこに移動しようか。



なんてアホくさい記事書いてますけど、僕もとうとう帰国です。
でも、本当、海外って大した事無い。
面白い事やればみんな笑ってくれるし、つまらなければ殴ってくる。
日本人とそんな変わんない。

俺はドイツ語もそんな喋れないし、特に人間的に成長しましたとか思わないけど
そこが分かっただけでも、留学した価値はあったと思う。

大成功です!!なんて嘘くさいことは言わないけれど
それなりに良い留学生活でした。

では、また日本で。

f0099532_022299.jpg

[PR]
by tojyo723 | 2007-07-11 16:20 | 日本


<< 1週間経って 近況 >>