15秒で出来ること


名前はよく知らないが、今日夕方のニュースですごいものをやっていた。

インターホンの技術を利用して、マンションに付けられる機械で
地震発生時、揺れが来る15秒前に警報が鳴って対処できる。そんなマシーン。

そのニュースを見る感じだと、「地震が来るぞ!火を止めろ!」って感じで火を消して
机の下にもぐりこめる程度の事が出来るらしい。

でも実際15秒ってあんまり実感が湧かない。
多分僕なんかやベーやベーとか言ってるうちに15秒経ってしまうような気がする。

では15秒で人は一体何が出来るのだろうか。



15秒で思い出すのがTVのCM。あれは大体15秒だ。
CMのディレクターというのは本当、心底尊敬する。
起・承・転・結にのっとってCMを作れば、一つ当たり実に3、75秒。
これでちゃんとオチをつけて、商品の宣伝だってしなければいけないのだから大変な作業だ。

15秒関連で検索していると、懐かしい、元サッカーU22代表監督の山本氏。
彼が提唱したのも「15秒での得点」らしい。
言われてみればそんな事言ってたかも知れない。
無駄な動きを一切省き、ボールを奪ってから単純にパスを回し、15秒で得点するという理論だ。
昔キーパーをやっていた僕から言わせてもらえば、15秒に1回攻防などあったら
単純計算で1分に2回、90分に180回もシュートなんてたまったもんじゃないのだが
本当に単純に攻め込んだとしたら、15秒でも十分に得点可能だ。


もっと言えば大塚愛の「プラネタリウム」という歌がある。
あれの歌いだしは25秒からなので、15秒の時点ではまだピアノの伴奏のみ
大塚愛の声さえ聞こえないで地震到来。

また、かの有名なQueenの「We will rock you」
あれの歌いだしは12秒からのでフレディーの声は3秒聴ける。ただしサビ開始までは24秒かかるので、残念ながらサビは机の下で聞く羽目になる。

ただしエキセントリック少年ボウイの「エキセントリック少年ボウイのテーマ」
あれは乗っけからサビだからサビも十分に聞ける。さらに浜田が歌いだすのがちょうど15秒後なので、浜田が歌いだした瞬間地震が来る計算だ。


以上の例を見ると15秒というのは、わずかな時間のように思えるが、バカにできない。

まず、地震を予知できる。
この時点で人間の技術は大したものだと褒めたい。
いつ起こるか分からない天災を、ほんの15秒予知出来るだけで
助かる人命や被害は、そうとうなものになるの違いない。

よくを言えば地震発生10分くらい前に予知出来れば
貴重品を持ち出して、非難程度は出来るのだが・・・

まぁそこは、さらなる人類の科学の発展を願うばかりである。
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-25 02:28 | 日本


<< 「ガチャピン日記」は何故売れるのか スイス人の誇り(スイスドイツ語... >>