<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2時間くらい考えてました

ピカチュウの声で有名な「山寺宏一」氏のイニシャルがKYだと発見した時は、本当泣きそうでした。

俺、暇だなっておもって。
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-29 20:02 | 日本

「ガチャピン日記」は何故売れるのか

なんだか書店で「ガチャピン日記」なるものを発見。
なんだか同名のガチャピンのブログが本になったらしい。

本来ガチャピンは恐竜の子供だというのはもはや有名な話。

それがじょじょにスポーツマンとして頭角を現し、
僕が幼稚園に行く頃は、毎朝数々のスポーツに挑み続けるガチャピンをTVで見つめていた。

ガチャピン=スポーツ
これはもはや僕の年代において揺るぎ無い常識として君臨していた。

しかし、ここ近年、ガチャピンは新たな世界を切り開こうとしていた。
大胆な軌道変更、スポーツマンの称号を欲しいままにしたガチャピンの突然のブログデビューだ。
キーボード打てないのでは?

近年の芸能人にとって、「ブログ」とは広告活動において、欠かせないものとなっている。
今ではサッカー選手までもがブログで私生活を公開している。
ブログで成功した代表的な例を挙げれば、やはり中田英寿だ。
彼は自身のブログで、試合前の心境や自らの哲学を綴ることで
優秀なサッカー選手なだけでなく、「インテリ」としての立場を勝ち取った。

ただし、芸能ブログ業界は今、大変に厳しい状況におかれている。
旧ブログ女王とされる真鍋かおりさえ
最近は若いグラビアアイドルのせいで、人気は右肩下がり。
そう、ブログは簡単に出来る広報活動だが、その分競争率は高いため
ブログでHITするのはかなり難しいといえる。

そんな中、「ガチャピン日記」は確実に読者の心を掴んだ。
では何故「ガチャピン日記」はブログ戦争の中で勝ち残ったのだろうか?

それは「ギャップ効果」だと僕は予想する。
ガチャピンの出演するポンキッキーズ(ひらけ!ポンキッキ!)は1993年放送開始。
実に放送期間15年に近い老舗番組だ。当然ガチャピンの知名度は高い。
今の世代はガチャピンに育てられたといっても過言ではないだろう。
スキーや空手など、果敢にスポーツに挑む頼もしい姿は、僕等の脳裏にしっかりと焼きついている。

それが「ガチャピン日記」ではどうだろうか。
ガチャピンの年齢は永遠の5歳
と設定してあるのも関係するのだろうか。
実に簡単な文章で。それでいて哲学的で、「癒し」を感じさせる内容だ。

まさに中田英寿と同じ効果ではないだろうか?
中田=サッカーだったように
ガチャピン=スポーツ万能。であったところに、突然ブログデビュー。しかも内容が可愛い。
つまり「あのガチャピンが!?」と意表をつく感じで好奇心が湧くと共に
疲れた現代人の疲れを癒す、微笑ましい内容。これが売れないわけが無い。

スポーツだけでなく、「癒し系ブロガー」の称号を得たガチャピン。
「永遠の五歳児」の次なる野望に注目したい。

・・・・・・ってかムックって何?あれも恐竜?
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-26 02:52 | 私信

15秒で出来ること


名前はよく知らないが、今日夕方のニュースですごいものをやっていた。

インターホンの技術を利用して、マンションに付けられる機械で
地震発生時、揺れが来る15秒前に警報が鳴って対処できる。そんなマシーン。

そのニュースを見る感じだと、「地震が来るぞ!火を止めろ!」って感じで火を消して
机の下にもぐりこめる程度の事が出来るらしい。

でも実際15秒ってあんまり実感が湧かない。
多分僕なんかやベーやベーとか言ってるうちに15秒経ってしまうような気がする。

では15秒で人は一体何が出来るのだろうか。



15秒で思い出すのがTVのCM。あれは大体15秒だ。
CMのディレクターというのは本当、心底尊敬する。
起・承・転・結にのっとってCMを作れば、一つ当たり実に3、75秒。
これでちゃんとオチをつけて、商品の宣伝だってしなければいけないのだから大変な作業だ。

15秒関連で検索していると、懐かしい、元サッカーU22代表監督の山本氏。
彼が提唱したのも「15秒での得点」らしい。
言われてみればそんな事言ってたかも知れない。
無駄な動きを一切省き、ボールを奪ってから単純にパスを回し、15秒で得点するという理論だ。
昔キーパーをやっていた僕から言わせてもらえば、15秒に1回攻防などあったら
単純計算で1分に2回、90分に180回もシュートなんてたまったもんじゃないのだが
本当に単純に攻め込んだとしたら、15秒でも十分に得点可能だ。


もっと言えば大塚愛の「プラネタリウム」という歌がある。
あれの歌いだしは25秒からなので、15秒の時点ではまだピアノの伴奏のみ
大塚愛の声さえ聞こえないで地震到来。

また、かの有名なQueenの「We will rock you」
あれの歌いだしは12秒からのでフレディーの声は3秒聴ける。ただしサビ開始までは24秒かかるので、残念ながらサビは机の下で聞く羽目になる。

ただしエキセントリック少年ボウイの「エキセントリック少年ボウイのテーマ」
あれは乗っけからサビだからサビも十分に聞ける。さらに浜田が歌いだすのがちょうど15秒後なので、浜田が歌いだした瞬間地震が来る計算だ。


以上の例を見ると15秒というのは、わずかな時間のように思えるが、バカにできない。

まず、地震を予知できる。
この時点で人間の技術は大したものだと褒めたい。
いつ起こるか分からない天災を、ほんの15秒予知出来るだけで
助かる人命や被害は、そうとうなものになるの違いない。

よくを言えば地震発生10分くらい前に予知出来れば
貴重品を持ち出して、非難程度は出来るのだが・・・

まぁそこは、さらなる人類の科学の発展を願うばかりである。
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-25 02:28 | 日本

スイス人の誇り(スイスドイツ語まとめ)

ではこの奇怪なドイツ語について、スイス人自体はどう考えているのでしょうか?

スイスの国語はスイスドイツ語であり、ドイツ語では無いというのは前述の通り。
つまり、スイス人にとってドイツ語は外国語だとという事を念頭に置きたい。

スイス人は日常生活の中で、常にスイスドイツ語を用いて暮らしています。
友人同士、家族間、母国語ですから何か特別な事例がない限りスイスドイツ語で会話をします。
ただし、それでは暮らしていく上で、いくつかの問題が出てきます。
その最たるものがスイスドイツ語は文字表記出来ないという事です。

話し言葉と書き言葉が違うなんて、なんて不便な!!と思われるかも知れませんが
大阪の新聞は大阪弁でかかれていますか?
スイスドイツ語はドイツ語とはかなり異なりますが、れっきとしたドイツ語方言なのです。
よってスイスの公式の文字表記は基本的にドイツ語です。
公式としたのは個人的な手紙やメールなどはスイスドイツ語の当て字で書かれている場合があるからです。

スイスでは、学校の授業中はドイツ語で会話という様に決められています。
これは教科書がドイツ語表記のため、都合が良いから。という理由があります。


授業中は母国語禁止。そんな馬鹿げたルールが出来たら、人はどうなるでしょう。
ただでさえ面倒な授業、しかも外国語強制。当たり前のようですが

スイス人は基本的にドイツ語が嫌いです


それどころか、高校に通わず職業学校に通うスイス人学生(スイスでは70%を占める)は
ドイツ語が上手に話せない人も多数

そういう方に話を聞くと、ドイツ語話すくらいなら、英語の方がマシという答えが返ってきました。
ただし、読み聞きは完璧なので、相手はスイス語でこっちはドイツ語という会話が成り立ちます。



ただし、ここからは僕個人の考察ですが、スイス人がドイツ語を嫌い、スイスドイツ語に特別な感情を持つのは学校のせいだけではないと思います。

スイスの人口は、2割が外国人労働者といいます。
その他の移民などで、北欧系、中国系、中東系など様々な民族が混ざっているため
「スイス人」という区別は極めて曖昧なもののように思えます。

そんな中、自分はスイスで生まれ、スイスで育ちました。自分はスイス人だ!という
いわゆるアイデンティティー的な役割として話されている言語、
それがスイスドイツ語なのではないでしょうか?
地元言葉を話すことで、外見の違いに関係なく、共通意識を持つ事が出来る訳です。
その裏づけとして、どんなにスイスドイツ語を練習しても
スイスで生まれていない限り、完璧なスイスドイツ語は話せないという事実があります。

よって僕はスイス留学をなされる方にはドイツ語を学ばれることを強く勧めます。
ただし、聞き取る能力は必要です。ただ、話す事はお勧めしません。
なぜなら、中途半端なスイスドイツ語を話すのは
スイス人にとって侮辱ととられる場合もあるからです。

あるスイス人に僕は「スイス人もドイツ語を話すべき」と主張したところ、彼は言いました。
「スイスドイツ語はGeheime sprache(秘密の言語)なのさ。お前は他所のモンだ。
残念だけどドイツ語で我慢しな。」

そう、スイス人にとってスイスドイツ語は誇りなのです。
「こんなのドイツ語じゃない!!」と罵られて、バカにされながらも
「他所モンには分かんねぇよ、この良さは。」とほくそ笑むスイス人を見て
僕は本当に、スイスに来て良かったと思いました。
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-22 23:24 | スイス

スイスドイツ語(まとめ)

スイスから帰国して1週間。スイスドイツ語についてまとめてみました。


スイスドイツ語とは・・・・

スイスドイツ語とは、スイス全域で使われているドイツ語の方言であり、ドイツ語圏(ドイツ、オーストリア、スイス)の中でも一番ドイツ語から離れたドイツ語と言われています。

また同じスイスドイツ語でも場所によって大きく違いが出るというのも、スイスドイツ語を難しいものにする要因でしょう。

例をあげましょう。英語でいうHello,ドイツ語でいうhalloの事を

チューリッヒ地方  Grueezi(グルリュエッツィ)
ベルン地方  Grueessech(グリュエッサ)
ヴァリス地方 Gueete Tagwohl(グェテターグヴォール) 

ね?全然ちがうでしょう?


さて、ではスイスドイツ語とドイツドイツ語(高知ドイツ語)は何が違うのでしょう。
答えは簡単。発音、単語、文法。全てです。
あるドイツ人はこう言います。「スイスドイツ語?あんなのドイツ語じゃないわ」

しかし、「全て違う」で説明を終わらせてしまうのは、あまりにも悲しいので
簡単に説明だけさせてもらうと

①発音
一般に、スイスドイツ語はドイツドイツ語に比べて下品で醜い言葉というイメージがあります。
その一番の理由はKの発音CHになるから。と僕は考察します。
このCHの発音というのがやっかいで、一番似ている例をあげればタンを吐く前の「かーっ!!」っていう音、あの音がスイスドイツ語ではよく必要とされます。確かに、気持ちが良い音ではありませんね。
さらに言えばRの発音も違います。
ドイツ語のRはノドの奥から搾り出すような音ですが、スイスのRは普通のRです。

さらにスイスドイツ語はドイツドイツ語よりも、抑揚が激しい、といいます。
音の高低が激しいため、ドイツ人は「スイス人はいつも怒ったように話す・・・」と語ります。
怒ってる訳でもなんでもなく、ただそういう言葉なんです。我慢しましょう。

②単語

スイスドイツ語の単語は基本的にドイツ語に沿っています。
ただし、やぱりスイス訛りになる場合が多いようです。

例をあげましょう。

時間  die zeit(ディー ツァイト)     →d ziit(ドぅ ツィート)
本   das Buch(ダス ブーフ)      →s buaech(ス ブェフ)

このように長音になったり、ウムラウトしたり変化は極めて不規則です。
そしてお気づきの方もいるかも知れませんが、冠詞の発音が曖昧です。

またフランスが近いため、フランス語を無理矢理ドイツ語に直した
フランス系スイスドイツ語も多い
例えば

自転車  das fahrrad         →s velo
床屋    der frisoer →dae coiffeur

フランス語出来るかた、是非スイスドイツ語にチャレンジしてみて下さい。

③文法

文法に関しては、本当に口語体で規則性が無いので、僕のもなんとも言いがたいですが
あえてあげればこの二点。

一、スイスには過去形、未来系が無い。
→常に完了形と現在形で話す

固有名詞に冠詞をつける
→Der yasuとか Die Andiとか普通に言います。


好評そうならしばらく、このネタ引きずります
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-22 02:36 | スイス

1週間経って

はやいもんで日本到着から1週間経ちました。

はじめ3日位は本当スイスに帰りたくて、眠れぬ日々を過ごしました。
別に日本が嫌とかじゃなくて、なんだかアホみたいに遊んでばっかいたスイスが
懐かしく思えて。

まぁでも最近は学校にも行き始めて(もう終業式ですが)
お前変わらんなーとか笑われてアホみたいにふざけてます。

お前本当に留学してたのかよ笑
留学しても、お前は何も学ばんかったみたいだな笑

ってよく言われるけど
なんだかそう言われると、自分でも本当に留学したのか怪しく思えます苦笑

18歳、高2。
シビアな現実を目の前にして、
また勉強と部活に励む高校生活に戻りそうです。
まぁこういうムサ苦しい生活のが、俺はあってるのかも笑
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-20 13:47 | 日本

日本へ


明日帰国。

何を悲しむ必要がある。
僕という一固体が、たった1年外国に移動し
本来あるべき所へ、戻るだけだというのに。
僕はなんだか、すごく悲しい。

もはや日本が「本来あるべき所」なのかも良く分からない。
僕が本来あるべき所は、日本では無く、どこか違う環境のような気がする。

日本という場所に、執着する心はすでに消え去った。
海を隔てたその先にあるのは、異国であるが、異界ではない。
人々は皆、化け物などでは無く、僕たちと同じ人間である。楽しければ笑い、悲しければ泣く。
ただ、鳴き声が違う。それだけの事だ。

幸い、鳴き声を真似る程度の能力は、ヒトであれば誰でも携えている。
もう彼らは「ガイジン」などでは無い。ただのヒトだ。

ほら、日本と「ガイコク」の厚い壁は消え去った。
ベルリンの壁が無い今、どうして東ドイツに留まる必要があろうか。

日本にしがみつくのは、もうやめにしないか。
「ガイコク」なんぞ大した事は無い。
僕の「本来あるべき所」は海の向こうにあるかも知れない。
僕は日本に「移動」するけど、「帰る」つもりは無い。

さて、次はどこに移動しようか。



なんてアホくさい記事書いてますけど、僕もとうとう帰国です。
でも、本当、海外って大した事無い。
面白い事やればみんな笑ってくれるし、つまらなければ殴ってくる。
日本人とそんな変わんない。

俺はドイツ語もそんな喋れないし、特に人間的に成長しましたとか思わないけど
そこが分かっただけでも、留学した価値はあったと思う。

大成功です!!なんて嘘くさいことは言わないけれど
それなりに良い留学生活でした。

では、また日本で。

f0099532_022299.jpg

[PR]
by tojyo723 | 2007-07-11 16:20 | 日本

近況


限られた時間の中、ギリギリまでスイスカルチャーを現地からお知らせしたいのですが
帰国前ってすんごい忙しい。忙しすぎて品質のよい文章書けません、すみません。

もう先週から留学団体のお別れ会あるわ(意外にサラッと終了)
例のアルバニ祭あるわ、友達にお別れ言いに行ったりするわ
昨日はついにビックバンドの最後のコンサートでした。

先生(コントラバス担当)が妙に張り切ってくれて、
ソロパート全部やらせて頂きました。

僕が入った当初、僕はソロが一番へたくそで
片言のドイツ語で(ソロオシエテ!)と聞き練習し続けた日々。
気がつけば、ソロならあの中国人と言われるくらいになりました。
(ニホンデース!イヌタベナイヨ!)と突っ込みながらも
ここスイスでソロの実力が認められたのは、すごく嬉しい。

演奏終了後、(これからソロパートどうすんだよ!中国人!)
とハグしながら団員に言われて、(ニホンジンデース)とも突っ込めず
(アリガト、ガンバッテ!)としかいえませんでした。

ただカッコイイからと思って始めて
日本に居るときから一人でプープー吹いてただけのサックス。
バンドというのは初めて入りましたが、やっぱり楽しいですね。

これから留学する方、楽器はほんとう持ってく事をお勧めします。


日本に帰ったら、ちょっと音楽の方に力を入れてみようかな。
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-05 22:38 | 私信

スイスのお祭り

スイスのお祭り、っていうか我が街Winterthurのお祭り
その名もアルバニフェスタに行って来ました。
別にアルバニとかいう神様を納めるわけでも何でもなく、
移動式遊園地とディスコテントが来て、みんなで騒ぐお祭りらしいです。
そこらへんは先日紹介した、陸上競技祭と酷似しています。

f0099532_17333596.jpg

数多くの遊戯施設。ジェットコースターとかあったりする。
ちなみに800円とか、1000円とかいちいちかかるので
あんまり人気は無いです。

もちろん、日本でもおなじみの射的や輪投げみたいのもあります。
f0099532_17413115.jpg

なんか玉投げて缶落とすやつ。

ちなみに射的はスイス人は基本ありえない位上手い。
それもそのはず、スイスには射撃クラブが沢山ある上
兵役を課せられたスイス人は射撃訓練もやってるからです。
恐るべしスイスミリタリー。

ついでに言えば、景品はすごくちゃっちいです。ぬいぐるみとか。
でも祭りの本来の醍醐味は、楽しむという事。
ゲームソフトやハードを景品にした、今の日本のお祭りは
本来あるべき祭りの姿から離れている気がします。

日本の祭りのメインイベントは盆踊りのように
スイスの祭りでもメインはダンス。っといってもテント内でディスコです。
f0099532_17555447.jpg


先日、スイス人(男)は基本踊らないと記述しましたが、間違いでした。
ほろ酔い気分のスイス人は、酒を片手に歌うだけですが
さらにヒートアップするとスイス人は飛びます。ジャンプし始めます。
曲はやはりアメリカ産やドイツ産の曲が多いです。
しかし10時頃から2時頃までジャンプし続けるスイス人の足腰は凄い。
恐るべしスイスミリタリー。
12時に足がつり始めた僕日本人は、スイス人と戦ったら多分瞬殺。

ただ、その影でスイスの伝統的な踊りは消えつつあるようです。
っていうか、存在するのかどうかもよく分かりません。
その点、今なおやぐらを囲って踊るというスタイルが残っている日本のお祭りは素晴らしいです。

まぁお祭りというのは、非日常的な空間で騒いで日ごろのストレスを解消する場所。
この定義はどこへ行っても変わりません。



私信
何かせっかく留年するんだから
なんか夏休みにしたいなぁ・・・なんか良いアイデアないでしょうか。
四国行脚とか考えた僕は、やっぱり堅い。
[PR]
by tojyo723 | 2007-07-01 18:11 | スイス